ビタミンってなに?

 

HOME > ビタミンってなに? 

HOME
サイトマップ
ビタミンってなに?

ビタミンの種類と働き

ビタミンは、体の生理現象が上手く行われるための「潤滑剤」として働きます。 必要量は非常にわずかですか、欠かすことができません。 不足すると、体に異常が起こります。
特に大切な働きは、糖質や脂質などのエネルギー源が体内でエネルギーになるための代謝をサポートしたり、体の組織を作ったり、古い細胞を新しく作りかえる新陳代謝をサポートすることです。

体内では作られず、外から取り入れなければならない栄養素を「必須」といいますが、必須ビタミンは、A、B群8種、C、D、E、Kの13種類です。

ビタミンA、B1、Cなどは、同じ働きを持つ成分の総称で、レチノールやチアミン、アスコルビン酸などは各ビタミンの代表的な物質のことです。


ビタミンは、”油脂に溶けるか(脂溶性)” ”水に溶けるか(水溶性)” で分けられており、
それによってどんな素材に含まれ、どう吸収されていくかがわかります。

ビタミンA、D、E、Kは”脂溶性”です。

脂溶性のものは肝臓に貯蔵され、体内で非常にゆっくり消費されます。

脂溶性ビタミンは体内に溜まり、
度を越せば害になる危険性があります。



ビタミンB群とCは水溶性です。

これらは極めて短時間で消費されます。
余れば尿に溶けて出ていきますので、取り過ぎても基本的には心配は要りませんが、逆に毎日取る必要があります。


”ビタミン”の早見表
名称(科学名・別名)
主な働き
多く含む食品






ビタミンA
(レチノール・β-カロチン)
・皮膚の粘膜を健康に保つ
・視力を保つ
・免疫力を維持する
・抗酸化作用、抗ガン・作用
レバー、肉類、魚介類、
卵、緑黄色野菜など
ビタミンD
(カルシフェノール)
・カルシウムの吸収を促進
( 骨の発育に欠かせない)

レバー、イワシ、カツオ、
マグロ、きのこ類など

ビタミンE
(トコフェノール)

・抗酸化作用
・血行を促す
・老化を防止する
・生殖機能を正常に保つ
魚介類、植物油、 種実類、緑黄色野菜など
ビタミンK
(フィロキノン)
・血液凝固作用を補助
納豆、ブロッコリー、ほうれん草、肉類、油脂類











ビタミンB1
(チアミン)
・糖質のエネルギー代謝に必要
豚肉、穀類、豆類など
ビタミンB2
(リボフラビン)
・糖質の代謝に関わる
・成長を促進する
レバー、卵黄、肉類など
ビタミンB6
(ピリドキシン)
・たんぱく質の代謝に必要
・免疫力を保つ
肉類、魚介類、卵、
くだものなど
ビタミンB12
(コバラミン)
・たんぱく質の代謝に必要
・葉酸とともに貧血を予防
・神経機能を維持する
レバー、肉類、魚介類、卵、
くだものなど
ナイアシン
(ニコチン酸)
・皮膚を健康に保つ
・糖質とアミノ酸の代謝をつなぐ働きをする
肉類、種実類など
パントテン酸
(ビタミンB5)
・エネルギー代謝全般に関与
・免疫力を高めストレスに対抗
レバー、肉類、魚介類、牛乳、豆、きのこ類など
葉酸
(プテロイルグルタミン酸)
・貧血を防ぎ、成長を促進
・核酸やアミノ酸代謝を促進
レバー、肉類、卵黄、
胚芽、緑黄色野菜など
ビチミン
(ビタミンH)
・皮膚や髪の健康を維持する
レバー、魚介類、種実など
ビタミンC
(アスコルビン酸)
・コラーゲンの生成に関わる
・毛細血管や歯、軟骨の結合組織 を維持する
・免疫力を高める
・鉄の吸収を促進
・抗酸化作用
くだもの、野菜、イモ類など



ビタミン様物質の種類と働き

ビタミンと同じような働きをするけれど必須ではないものは「ビタミン様物質」といわれ、
ビタミンと名付けられていても厳密にはビタミンではありません。

しかし、その仲間とされています。
体内でも合成される点、欠乏症が知られていな点もビタミンとも違う点です。

「ビタミン様物質」は今、様々な研究が進められています。

たとえば、赤ワインなどに含まれているポリフェノールは、
以前は人体に有益な働きがあるという化学的な裏付けは知られていませんでした。



今後の研究に結果によっては、他にも有益な物質が発見されるかもしれませんし、
ビタミンに昇格することもあるかもしれません。


”ビタミン様物質”の早見表
名称(別名)
特徴
主な働き
多く含む食品
ビタミンP
(フラボノイド)
水溶性
・ビタミンCの働きを高める
・毛細血管を丈夫にする
・血圧降下作用がある
柑橘類、そばなど

カロテノイド
(ポリエン色素)

植物に含まれる色素で
多種類ある

・カロテン、
・リコピン(リコピン)
・ルテイン
・ フコキサンチン
などが代表的な成分

・強い抗酸化作用
植物性の食品。
特に緑黄。

色野菜や柑橘類、海藻など

イノシトール

水溶性
ビタミンB群の一種
・細胞膜の成分になる
オレンジ、メロン、グレープフルーツなどのくだもの

コリン

水溶性
アミノ酸から合成される
・アセチルコリン、レシチンの
 材料になる
・高血圧・動脈硬化を防ぐ
レバー、卵など

パラアミノ安息香酸
(PABA)

ビタミンB群の一種
・葉酸の合成に必要
・肌・髪の老化を防ぐ
・腸内の有用菌を繁殖させる
卵、レバー、牛乳など

コエンザイムQ
(ユビキノン・補酵素Q)

脂溶性
・抗酸化作用がある
・糖質をエネルギーに変える
・白血球の作用を高める
レバー、牛肉、豚肉、カツオ、
マグロなど

ビタミンU
(塩化メチルメチオニンスルホニウム)

キャベツから発見
( 商品名キャべジン)
・胃酸の分泌を抑える
・胃腸粘膜の新陳代謝を活発
キャベツ、レタス、セロリなど
リポ酸
(チオクト酸)
ビタミンB1とともに働く
・抗酸化作用がある
・脳の損傷を修復する
レバー、酵母など



 ”人工サプリ”にはご注意を!

カムカムの話
○ カムカムの産地と栽培者
○ カムカムのビタミンC量
○ カムカムの不思議
○ エスペランサのカムカム
○ ポリフェノールを配合
○ カムカムのご注文ページ

 
ビタミンCの話

○ ビタミンってなに?
○ 「人工」と「天然」の違い
○ ビタミンCの働き
○ ビタミンCの効果
○ こんな人はこれだけ必要
○ ビタミンCの上手な摂り方

 
ショッピングガイド

○ 会社概要
○ 特定商取引法
○ 個人情報の取扱い
○ サイトマップ






当サイトでは、e-shops カートシステムを使用しており、ジオトラストのSSL暗号化によりお客様情報を保護しております。安心してショッピングをお楽しみ下さい。


HOME会社概要注文ページ特定商取引個人情報の取り扱いについてサイトマップ
有限会社エスペランサ  〒154-0014 東京都世田谷区三軒茶屋1-41-13 映光ビル4-A
Copyright 2003-2009 Esperanza,Inc. All rights reserved