介護臭対策のポイント

HOME > 介護臭対策のポイント

介護臭対策のポイント

介護される方よりも、介護する方の悩み・・・「介護臭」

介護臭、加齢臭

誰でも歳を取ると新陳代謝が鈍くなり、体内の脂質の酸化や表皮の細菌発生等によりニオイの元になる物質ができます。
実はご自宅で、またはお仕事でお年寄りの介護をする人の多くが抱えているのが「介護臭」の悩み。 つまり介護される方の「ニオイ」なのです。

お歳寄りを抱きかかえる時、言葉のはっきりしない方のお話を顔を近づけて聞く時、耳の遠い方の近くで話してあげる時、自分で排泄に行けない方の排泄物の始末など、介護の場ではお歳寄りに接近することが多いため、介護臭を堪えながら介護なさっている方が多いのが現状です。

ご本人に言ってもどうすることもできませんから、介護なさっている方がお歳寄りを傷つけたりストレスを与えることのない、無害のものを使ってなんとかするしか解決方法がありません。

そのような方に特におススメしたいのがこの「デオドラント・エチケット」です。
乳酸菌生産物質には整腸作用も期待できますから、お歳寄りのお腹の健康のためにも非常に有益なサプリメントです。顆粒状で、そのままでも少量の水でも大変飲みやすくなっております。

「介護臭」と向き合おう

加齢臭、介護臭

子供の時に「おじいちゃんは、なんだかクサイ!」なんて思ったことはありませんか?

人に向かって「臭い」なんて言うのは、いくら身内でもできない。かといって、避けるわけにもいかない
(実際はクサイといって洗濯物を分けられたり、避けられてしまうかわいそうなお父さんやおじいさんもいらっしゃることでしょうね。)
・・・でも肝心の本人は自分のニオイには全く無頓着だったりして・・・

40歳を過ぎる頃から、体臭が目立つようになります。
世間一般ではこれを「おやじ臭い」などと言ったりしますが、これは年令と共に発生する「加齢臭」が原因です。加齢臭には、体臭だけでなく、口臭や便臭なども含まれます。頭の先から足の先まで加齢と共に発するニオイが強くなるのです。

歳を取るに連れて新陳代謝が鈍くなり、老廃物や過酸化脂質が表皮ににじみ出て酸化したり、表皮の細菌が発酵することで、「ノレナール」という物質ができ、これがニオイの原因となります。
ノレナールは男性も女性も同様に分泌されますが、女性の方がニオイに気を遣ったり、皮脂の分泌や発汗が男性よりも少ないために、男性の方がニオイが目立つのです。

生理現象ですから、これを撲滅することはできませんが、できることならば、なんとかしてニオイの元を少しでも減らしたいと思うのは、本人も周りの人も願うところでしょう。

特に介護が必要なお年寄りと一緒に住んでいる場合、掃除してもお風呂に入ってきれいにしていても、部屋に残るニオイが思いがけず家族のストレスになったりしている場合があります。

人間は自分のニオイには意外と気付かないものですが、周囲の人たちはそれを瞬時に感じ取ります。
一度気になりだすと、ニオイばかりに意識が行ってしまって、側にいてあげたいという気持ちはあっても、ケアする側に精神的、心理的な負担がかかり、介護をより苦痛なものにしてしまう場合もあります。

介護されるお年寄りの中にも、自分では思うように動く事が出来ない状況の中で、自分のニオイで周囲に迷惑をかけているのではないかという恥ずかしさを抱え、介護されることに居心地の悪さを覚える方もいらっしゃるようです。

家族で暮らす

大事なおじいちゃん、おばあちゃんの近くにもっといたい、気持ちよくお世話してあげたいという方に好評を得ているのが、介護用消臭サプリメント「デオドラント・エチケット」です。

「デオドラント・エチケット」は、お腹の善玉菌を増やす乳酸菌生産物質と緑茶に含まれるカテキンの相乗効果でニオイの元を断つ画期的な製品です。自然由来の物質で作られていますので、お子様からお年寄りまで安心してお召し上がりいただけます。

顆粒状で、そのままでも少量の水でも飲みやすく「介護用消臭サプリメント」として口コミで人気の商品となっています。

デオドランド・エチケット1箱30包入り3,150円(税込み)送料無料!ご注文はこちら!