40代以降は加齢臭に注意

HOME > 40代以降は加齢臭に注意

40代以降は加齢臭に注意

40代以降は加齢臭に注意

40代を過ぎると、皮脂中の過酸化脂質が増加し、脂肪酸組成が変化します。

この脂肪酸 が酸化や皮膚常在菌によって分解されると、特有の体臭成分で あるノネナールが、特に体の中心線に沿って発生します。

20〜30代の人の体臭からは、ほとんど検出されない ノネナールこそが加齢臭の正体なの です。

加齢臭発生のメカニズム

男性イメージ画像

実は、加齢臭発生のメカニズムは、生活習慣病と似ています。 お酒・運動不足・ストレス過多という生活を続けていると、血管の中にコレステロールが蓄積されるのと同様、皮脂腺にも脂肪が増えます。分解される脂肪が増えるということは、加齢臭のもとであるノネナールの量も多くなると言えます。

また、加齢臭の強弱はストレスの強さが大きく影響します。ストレスを感じていると体内の活性酸素が増えると同時に過酸化脂質も増えます。

ノネナールは、この過酸化脂質と脂肪酸(パルミトオレイン酸)が結びついてつくられますから、ストレスをためることは加齢臭発生の大きな原因と言えます。

タバコを吸うと「活性酸素」というものが増えるのですが、この活性酸素もノネナール作りを促進します。つまり、タバコは加齢臭の原因のひとつといえるのです。また、タバコに含まれるニコチンは体を興奮状態にする為、汗が出やすくなります。当然、汗臭くなる可能性が高まるといえます。

加齢臭対策

加齢臭対策として、原因物質であるノネナールを抑えるために、「抗酸化作用」のある食べ物を摂ることもひとつの方法です。ビタミンCやEには強い抗酸化作用がありますので、これらを多く含む食品を食べるのも良いでしょう。

イメージ画像

ビタミンCを多く含む食品
ピーマン・ほうれんそう・ブロッコリー・春菊・トマト・チンゲン菜・レモン・オレンジ・アセロラ・グレープフルーツ・イチゴ など

ビタミンEを多く含む食品
カボチャ・さつまいも・アスパラガス・ほうれんそう・うなぎ・ブリ・マグロ・鮭・キウイ・ブルーベリー・プルーン・アーモンド・ピーナツ・玄米 など

もうひとつ、抗酸化作用のある物質は、活性酸素の攻撃をブロックして加齢臭を防ぐはたらきがあります。抗酸化物質には、ポリフェノール・ベータカロチン・カテキン・イソフラボンなどがあります。

自分では気がつきにくい加齢臭予防&対策には、普段から緑茶成分であるポリフェノールとカテキンを含むデオドラント・エチケットを摂ることをオススメします。

デオドランド・エチケット1箱30包入り3,150円(税込み)送料無料!ご注文はこちら!