50代以降は老人臭

HOME > 50代以降は老人臭

50代以降は老人臭

50代以降は老人臭

加齢臭

50代になったら「老人臭」にも注意が必要です。お年寄りには特有の臭いがあり、「加齢臭」「老人臭」などと呼ばれています。これは50歳頃から誰にでも発する臭いで、この臭いが時に家族や周囲の人に不快感を与えることがあります。

「老人臭」は必ずしも不潔だからではなく、その原因は「加齢臭」の原因と同じ、体内で発生する活性酸素のために過酸化脂質が増え、それが脂肪酸を酸化するために飽和脂肪酸が形成されないためだといわれています。

飽和脂肪酸は消臭作用があるのです。

従って、飽和脂肪酸が上手く作られないと、タンパク質やアミノ酸、尿素、アンモニア、インドール等から発生する臭い物質を消臭出来にくくなります。

体臭を気にしすぎないように

しかし、体臭を余り気にしすぎますと、そのことがストレスとなり活性酸素が発生し、過酸化脂質が増加して加齢臭も強くなります。

肝臓や腎臓の病気による汗臭さのために体臭が強くなったり、虫歯、歯周病、歯肉炎などの細菌による口臭、腸の機能低下による腸内タンパク質やアミノ酸が分解されて発生するアンモニア等が原因となる口臭も不快臭を起こしたりすることがあります。

「体臭」をあまり気にしすぎない事も大切です。

口からにおい

口腔内からの臭いの予防には、歯磨きをしたり、入れ歯の手入れをしたりして、口の中を清潔に保つことが大切です。

お子さんが「お父さん、臭い」と言っているご家庭はありませんか? 「加齢臭」もそうですが、他人の臭いが気になっても、その人に対して「あなたは老人臭(加齢臭)がある」とはなかなか言えません。あなたのご家族には「健康のために」と、何気なくデオドラント・エチケットを薦めてみてはいかがでしょうか。

「デオドラント・エチケット」は単にニオイを緊急防止するだけでなく、腸をキレイにしていくことで、体の中から根本的に、加齢臭や老人臭を予防します。大切なご家族の健康のためにも「デオドラント・エチケット」を摂ることをおススメします。

デオドランド・エチケット1箱30包入り3,150円(税込み)送料無料!ご注文はこちら!