乳酸菌生産物質、緑茶カテキンで便臭、体臭をカットして腸内美人へサポート

HOME > 腸内美人へとサポート

腸内環境への影響

腸内環境への影響

ヒトの腸内には、約100種類、100兆個もの腸内細菌があります。緑茶カテキンは、腸内細菌の総数や有用菌であるビフィズス菌には影響を与えませんが、代表的な有害菌であるウェルシュ菌をはじめとするクロストリジウム菌を抑えることがわかりました。

【 善玉菌、悪玉菌などの腸内細菌への影響 】

善玉菌、悪玉菌などの腸内細菌への影響についてのグラフ

※クリックすると拡大画像が表示されます。※

便臭についての検証

● 試験方法

  1. 対象:20〜43才の女性20名
  2. 摂取量・期間:サンフラボンPを1日当たり0.3g、14日間摂取
  3. 各人が便臭の改善度合について官能評価。

また、各人の糞便中のニオイの素である菌として知られている クロストリジウム菌の菌数を測定。

【 官能検査による便臭消臭 】

官能検査による便臭消臭についてのグラフ

【 糞便中のクロストリジウム菌の菌数 】

糞便中のクロストリジウム菌の菌数についてのグラフ