思春期に迷いのある子供たちとの共同生活

 モールTOP > HOME > 思春期に迷いのある子供たちとの共同生活
 
思春期に迷いのある子供たちとの共同生活

引きこもりや登校拒否のお子さん、逆に非行に走っていわゆる問題児と言われる子達も結構来ましたが、ほとんどは自分の意思で来ますね。義務教育のはずの中学校を3回も退学になったなんて子も来たけど、接してみるととても普通のいい子たちですよ。しばらく世間から離れていたいだけとか、そんな感じなんでしょうね。
 
過剰に心配することないんですよ。うちに来て、最初は戸惑いもあるみたいですが、仕事をしたり遊んだりしているうちに、すぐに素直で明るい自分が出てきますよ。リーダーシップをとって大変な仕事を進んで一生懸命にやってくれる子供もいるしね、子供の髪の色や素行で人間の価値を判断しちゃいけないってことが、よくわかりますよ。
 
ただし、一時間おきに携帯でお母さんに電話して、虫に刺されるからどうしたらいいかなんて相談したり、日に焼けないようになにか買ってくるといったり、夜に旭川に遊びに行きたいと言ったりする子もいましたね。それは竹村農園で共同生活をすることの意味を理解していないですね。
 
 
 
 
CONTENTS
   
トマトジュース蕃茄

 
HOME
Copyright(c) 2009 esperanza, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。